Re:Anth

アンスリウムをネットで買う時の注意点 by アンスリウム先生 Vol.58

アンスリウムのこと

今回はアンスリウムをインターネットで購入する時のポイントについてまとめています。
新型コロナウィルスの登場で、私達の買い物の仕方が大きく変わりました。
家から出られないということもあって、インターネットでの買い物がとても身近になりました。
家で待っていればヤマトさんや佐川さんが届けてくれるわけですからね。
アンスリウムのような嵩の高い植物などは家まで届けてくれたほうがありがたいわけです。

とはいえ、インターネットで買い物をする上で「実物がどんなものか、手元に届くまでわからない」という点は不安が残りますね。
家電や日用品とは違って、基本的に植物のような生き物は2つとして同じものは存在しません。
写真に掲載されているものと同じものは届かないわけです。
なので、届いてみたら「あれっ、思っていたものと違うやん」みたいなことがたまに起きます。
「ネットでの買い物はそういうもの」という解釈もできますが、時には泣き寝入りせざるを得ないということも起きますね。

そんなわけで、今回はアンスリウムをインターネットで購入する時の注意点について触れています。
今回お伝えする内容は他の観葉植物はもちろん、インターネットで行う買い物全般に対して活かせると思います。
ぜひ参考にしていただけますと。

オンラインストアの運営主は誰かを押さえておく

オンラインストアの運営主が誰なのかを知っておくは結構大事です。
アンスリウムに関しては「小売店」か「生産者」のどちらかが運営主になっていることが多いです。
小売店は販売のプロですので、ラッピングなどの商品の見せ方が非常に上手いです。
とはいえ、仕入れて売るという流れは同じなので、仕入れてから時間が経って鮮度が落ちた商品が梱包されるおそれはありますね。
一方で生産者が運営するストアは商品の品質や鮮度にアドバンテージがあります。
農園から直接発送するわけですから、最短でお客様の手元まで届くわけです。
そんな生産者は販売のプロではないところが多いです。
そのため、商品の見せ方においては小売店にどうしても劣ります。

といった感じで、運営主によって商品の特徴が変わるのです。
商品を購入される時は、用途によって購入先を分けると良いですね。

商品はココを見よう

ここでようやく商品情報のチェックに入ります。
アンスリウムを購入する上で、以下の点に注意しておくと良いです。

まずは品種。
アンスリウムには100種類を超える品種がありますが、「育てやすさ」を重視した選び方をされると良いです。
珍しい花を咲かせる品種には花が落ちやすいものもあります。
買ってすぐ花が全部落ちてしまったという話もたまに聞きます。
購入前に、ストアに品種情報について確認するのもアリかと思います。

次に鉢のサイズ。
鉢モノは、鉢の大きさを「号」という単位で分類することが多いです。
号は昔使われていた尺貫法というルールに出てくる単位で、「寸」と言い換えられます。
1寸は約3cmですから、号数に3をかけると鉢の大きさになります。
5号なら15cm、6号なら18cmといった具合ですね。
この数字は鉢の縁の直径を表していますので、この数字が大きければ大きいほど鉢が広く大きくなっていきます。

最後に鉢に使われている株の数です。
鉢が大きくなってくると寄植えといって複数の株を1つの鉢に寄せ植えたものが出てきます。
だいたい7号以上になると寄植えが出てくることが多いですね。
1鉢に使われている株が多いと、それぞれの株から新しい花が咲くわけですから、開花サイクルが早まります。
なので、寄植えを買うと華やかさが楽しめると思いますね。

できれば発送前の写真を確認しておこう

最後のテーマは発送前の写真についてです。
すべてのストアが対応しているわけではないですが、できれば発送前の写真を送ってもらうと良いでしょう。
このデータを持っておくメリットは大きくわけて2つあります。

ひとつめは「思っていたのと違う」を防げること。
商品の状態を事前にチェックできるので、色合いなど気になる方は確認しておくと良いですね。

ふたつめは「輸送事故への対策になる」こと。
人が荷物を運んでくれるわけですから、輸送中に転倒などで商品が傷んで届くことがあります。
これが宅配業者によるミスだった場合は補償してもらえるのですが、この傷みがいつ発生したかを証明するために、発送前の写真が役に立つわけですね。
ぶっちゃけた話、受け取った後にお客様が不注意で倒してしまったという可能性もあるわけです。
なので、荷物を受け取った後はまずは荷物に不具合が無いかを確認する癖をつけると良いと思います。

おわりに

インターネットで買い物をする場合、実店舗で買う場合と比べて注意すべき点が異なることがわかっていただけたのではないかと思います。
世の中の流れ的にインターネットで買い物をする習慣は今後も加速するはずです。
押さえるべきポイントを学んで、後悔の無い買い物をしたいものですね。
本編はこちらから飛べます。

ではまた。

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Re:Anth

一覧にもどる